メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同性パートナー

熊本市が公認へ 来年4月に制度運用開始 /熊本

 熊本市の大西一史(かずふみ)市長は4日、性的少数者(LGBTなど)のカップルをパートナーとして公的に認める「パートナーシップ制度」を採り入れる意向を明らかにした。カップルが宣誓書にサインして市に提出すれば、市が引き換えに宣誓書受領証を交付する仕組みを検討している。市は来年4月の運用開始を目指している。

 パートナーシップ制度は東京都渋谷区など全国9市区で実施。九州では福岡市や那覇市が始めている。熊本、…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文493文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです