メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第8部 JTB/5 五輪対策、客船ホテルに

五輪期間中にホテルとなるクルーズ船=プリンセス・クルーズ提供

 今年7月、南シナ海を航海する豪華客船「サン・プリンセス」の船上にJTBで宿泊施設の仕入れを担当する鈴木章敬(49)の姿があった。約1000室の客室や大型スクリーン付きのプールを見て回り、大勢の旅行客でにぎわう様子を思い描いた。しかし、鈴木が目指すのはクルーズの企画ではない。客船をホテルとして利用してもらう「ホテルシップ」だ。

 世界中から選手や観客が集まる2020年の東京五輪・パラリンピックへの観光業界の期待は大きい。だが鈴木を悩ませたのは、首都圏のホテル不足だった。訪日客の増加を背景に建設ラッシュに沸くものの、五輪開催中は一時的に部屋が足りなくなると予想されている。また、過剰なホテル建設は五輪後の空室問題を招きかねない。そこで目をつけたのがホテルシップだ。開幕前日から横浜港に停泊するサン・プリンセスの18泊分をチャー…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1139文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです