メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

外国人待遇、悩む隣人 受け入れ先例

台北駅では週末、東南アジアからの労働者が友人らとおしゃべりを楽しむ=台北市で、福岡静哉撮影

 外国人労働者の受け入れについて韓国、台湾は日本に大きく先行して本格化させてきた。その制度は先進事例として評価される面もあるが、移民を認めず、経済優先の労働力不足対策にとどまっているのは日本と同じで、人権面での配慮には限界もある。雇用主に対する労働者の極端な立場の弱さや不法滞在の増加なども指摘され、日本に対し課題を投げかけている。

この記事は有料記事です。

残り2243文字(全文2409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです