メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

自然災害と外国人支援 誰もが分かる情報で=蒲原明佳(大阪社会部)

関西国際空港で一夜を過ごした人たち。外国人客への情報提供が大きな課題となった=9月5日、小松雄介撮影

 9月4日に来襲した台風21号は、西日本の「空の玄関口」である関西国際空港を一時孤立させ、同21日の再開まで17日間を要したことで外国人の訪日旅行(インバウンド)に沸く関西の観光や物流には大打撃となった。この災害を外国人への支援という側面から考えたい。政府は「2020年にインバウンド4000万人」を掲げ、外国人労働者の受け入れ拡大も目指すが、自然災害になじみのない文化圏から来る人は大勢いる。言葉や文化の壁を超えて対策を立てる必要がある。

この記事は有料記事です。

残り1841文字(全文2061文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  2. 秋田で投函されたLGBT差別あおるビラ 誇張し偏見 問題の背景は?

  3. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. ファクトチェック 「CNNがトランプが勝ってしまうと放送」 日本語版ツイッターで拡散されている情報は「不正確」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです