メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

自然災害と外国人支援 誰もが分かる情報で=蒲原明佳(大阪社会部)

関西国際空港で一夜を過ごした人たち。外国人客への情報提供が大きな課題となった=9月5日、小松雄介撮影

 9月4日に来襲した台風21号は、西日本の「空の玄関口」である関西国際空港を一時孤立させ、同21日の再開まで17日間を要したことで外国人の訪日旅行(インバウンド)に沸く関西の観光や物流には大打撃となった。この災害を外国人への支援という側面から考えたい。政府は「2020年にインバウンド4000万人」を掲げ、外国人労働者の受け入れ拡大も目指すが、自然災害になじみのない文化圏から来る人は大勢いる。言葉や文化の壁を超えて対策を立てる必要がある。

この記事は有料記事です。

残り1841文字(全文2061文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです