メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
中国

米裏庭で一帯一路合意 習主席、パナマと首脳会談

パナマのバレラ大統領(右)と握手する中国の習近平国家主席=中米パナマで3日、ロイター

 【北京・浦松丈二、台北・福岡静哉】中国の習近平国家主席は中米パナマを初めて訪問し、3日、バレラ大統領と会談した。両首脳は中国が提唱する経済圏構想「一帯一路」を共同で構築することに合意した。米国の「裏庭」とされる中南米への一帯一路拡大には、米国から警戒の声が高まりそうだ。

 会談で習氏は、米国を念頭に「保護主義や一国主義などによる挑戦に共同で対処し、発展途上国の共通利益を守らなければならない」と指摘。中国の金融機関が人民元決済センターを設立するなど金融、物流面での協力を促していく考えを示した。バレラ氏も一帯一路への支持を表明し、中国との自由貿易協定(FTA)締結を要望した。

 会談後、パナマ国内での鉄道建設に向けた調査を中国が実施することなどを盛り込んだ文書を発表した。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文846文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです