メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

ナンシーの部屋 ブリュッセル支局・八田浩輔

 オランダ北東部の難民が暮らす施設で、レバノン生まれのナンシーさん(25)に会った。男性として生を受けたものの、心の性が一致しないトランスジェンダー。ここでは職員であれ入居者であれ、女性の名前で通る。

 性的多様性に寛容になりつつあるとはいえ、レバノンは同性愛行為が「自然の摂理に反する」として処罰されてきた国の一つ。ナンシーさんは家族からも理解されないまま、1年前にオランダで難民申請をした。オランダは世界で初めて同性婚を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです