メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

ナンシーの部屋 ブリュッセル支局・八田浩輔

 オランダ北東部の難民が暮らす施設で、レバノン生まれのナンシーさん(25)に会った。男性として生を受けたものの、心の性が一致しないトランスジェンダー。ここでは職員であれ入居者であれ、女性の名前で通る。

 性的多様性に寛容になりつつあるとはいえ、レバノンは同性愛行為が「自然の摂理に反する」として処罰されてきた国の一つ。ナンシーさんは家族からも理解されないまま、1年前にオランダで難民申請をした。オランダは世界で初めて同性婚を…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです