メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞

委員会から 安田さん解放、報道のあり方問う

日本記者クラブの記者会見場に入る安田純平さん=11月2日、宮武祐希撮影

 内戦下のシリアで2015年6月の入国直後に武装組織に拘束されたフリージャーナリストの安田純平さん(44)が10月下旬解放され、帰国しました。毎日新聞は本人の記者会見や単独インタビューで拘束時の状況などを報じるとともに、インターネットなどに批判の書き込みがあふれたことや「自己責任論」に関する識者らの指摘も記事にしてきました。一連の報道をどう評価し、メディアはどう対応していくべきなのかを「開かれた新聞委員会」の委員4人に聞きました。(意見は東京本社発行の最終版に基づきました。写真は池上彰委員が佐々木順一、残る3委員が小川昌宏撮影)

この記事は有料記事です。

残り3336文字(全文3603文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  4. 女性遺体を福島に遺棄容疑、27歳男逮捕 警視庁
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです