メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

専門病床

交通事故で重度脳障害 手応えと苦悩と 早期治療、リハビリで回復 わずか5床、受け入れ困難

患者を立たせるリハビリを見守る森田功教授(左)=愛知県豊明市で、大西岳彦撮影

 交通事故による脳損傷で最重度の障害を負った患者を治療するため、国土交通省所管の独立行政法人・自動車事故対策機構が今年1月、藤田医科大学病院(愛知県豊明市)に開設した専門病床が注目を集めている。機構の専門病床としては全国9カ所目だが、事故直後から患者を受け入れ、治療やリハビリを一貫して行う初の施設。ただ、わずか5床のため早くも満床となり、新規患者の受け入れが課題となっている。【江刺正嘉】

 10月中旬、同大病院の専門病床のフロア。中学1年の男子生徒(12)が理学療法士を支えに立つ訓練をし…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1159文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです