連載

がん大国白書

国民の2人に1人ががんになるという「がん大国」日本におけるがん医療、がん対策に迫ります。

連載一覧

がん大国白書

その日に備えて/3 治療継続のためのお金の知識 倦怠感続き、日常生活に支障

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 国民の2人に1人が一生涯のうちに発症するとされるがん。治療で直面するのが経済的な問題だ。治療に費用がかかる一方、働き方に制約が生じて収入は減る。公的制度の利用など、知っておきたいお金の知識をまとめた。【高野聡】

障害年金、受給対象の可能性

 「がんと診断されてから貯金を切り崩してきた。生活保護も考えたが、障害年金が受けられることになり助かった」

 昨年2月に転移のある肺がんと診断され、治療を続けているさいたま市岩槻区の男性(60)は、受給決定の知らせに明るい表情を見せた。

この記事は有料記事です。

残り1691文字(全文1927文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集