メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

大動脈弁狭窄症、対処法は=答える人・渡辺弘之ハートセンター長

渡辺弘之ハートセンター長(東京ベイ・浦安市川医療センター)

 Q 大動脈弁狭窄症、対処法は

 3年前に大動脈弁狭窄(きょうさく)症と診断され、一昨年に再発症しました。次の発症時は手術と言われ、経過観察中です。対処法を教えてください。(宮崎県、女性、79歳)

 A 運動能力の変化に注意

 大動脈弁狭窄症は、心臓から血液を送り出す弁が硬くなって開きにくくなる病気で、進行すると心臓全体の病気につながります。治療は重症度により異なりますが、自覚症状と病気の重症度は一致しません。米国の研究によると、重症でも自覚症状のない人は3~4割います。相談者は経過観察中であることなどから、中等症か重症と推察されます。中等症では外科的治療(手術)はしませんが、重症なら手術を検討します。

 その判別には、超音波を使って心臓の大動脈弁の様子を見る「心エコー図検査」の定期受診が一般的です。ほ…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです