スマート米

ドローンで監視、農薬抑制 佐賀、福岡、大分産計70トン販売

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ITベンチャーのオプティム(東京都)は、九州3県の農家の協力を得て、ドローンや人工知能(AI)を活用して栽培した米「スマート米」を販売している。農薬散布量を抑えたのが特徴で、同社は「安心・安全」をアピール。福岡市の福岡三越も4日に取り扱いを開始し、9日まで販売している。

 オプティムは、ドローンで撮影した稲の画像をAIで分析し、葉の変色から害虫の発生状況を把握。…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

注目の特集