メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマート米

ドローンで監視、農薬抑制 佐賀、福岡、大分産計70トン販売

 ITベンチャーのオプティム(東京都)は、九州3県の農家の協力を得て、ドローンや人工知能(AI)を活用して栽培した米「スマート米」を販売している。農薬散布量を抑えたのが特徴で、同社は「安心・安全」をアピール。福岡市の福岡三越も4日に取り扱いを開始し、9日まで販売している。

 オプティムは、ドローンで撮影した稲の画像をAIで分析し、葉の変色から害虫の発生状況を把握。…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです