メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妻遺棄致死容疑で69歳医師を再逮捕 

 局所麻酔薬を投与し中毒症状に陥った妻を放置して死亡させたとして、福岡県警は5日、北九州市八幡西区幸神2、医師、中村外士雄(としお)被告(69)=詐欺罪で公判中=を保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕した。県警は認否を明らかにしていないが「異変を感じたが放置して寝てしまった」と供述しているという。

     逮捕容疑は昨年4月1日午前1時半ごろ、当時住んでいた同市小倉北区のマンションで妻の直美さん(当時63歳)にリドカインを成分とする局所麻酔薬を多量投与し、中毒症状になったと認識しながら医療措置をとらず、同3時ごろ、急性リドカイン中毒で死亡させたとしている。

     県警によると、同6時半ごろに中村容疑者が知人に「妻が冷たくなっている」と連絡し、自宅に来た知人が警察や消防に通報。直美さんは寝室のベッドの上でうつぶせで倒れており、その場で死亡が確認された。直美さんは普段から肩などに痛みを訴え、中村容疑者が5、6年前からリドカインを注射器で投与していた。「(事件時は)妻の痛みが激しかったため、いつもの数倍の量を投与した」と説明していたという。

     中村容疑者は自身の医院(閉院)で診療報酬を架空請求して計約67万円をだまし取ったとして、8月に詐欺容疑で2回逮捕されていた。【柿崎誠】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
    2. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
    3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
    4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです