メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

架空請求、瞬時に見破る 撃退アプリ開発 埼玉弁護士会の弁護士ら

スマートフォンでアプリの登録画面を表示する川目武彦弁護士=さいたま市浦和区で2018年12月4日、山寺香撮影

[PR]

 埼玉弁護士会の川目武彦弁護士(40)らが、人工知能(AI)を使い、架空請求の疑いがあるはがきなどを瞬時に見破るスマートフォンのアプリを開発した。川目弁護士は「弁護士などに相談するのに抵抗がある人も気軽に利用してほしい」と呼び掛けている。

架空請求の疑いがある通知書を解析し、判定結果を表示したアプリ画面(画像の一部を加工しています)=川目武彦弁護士提供

 身に覚えのない請求書やはがきなどをスマホで写真撮影してアプリで送信すると、過去の詐欺事案で使われた文面などのデータを蓄積したAIが数秒間で判定し、「架空請求の疑いが濃厚です!」などと表示する。AIによる判定が難しい場合は、弁護士らが写真を確認してラインで通知する。

 アプリ名は「Scam Detector(スカム ディテクター)」で、川目弁護士と東京都内のプログラマー、大久保康平さん(38)が共同開発した。

 川目弁護士は架空請求の相談を多く受けているが、専門知識があれば文面などから比較的容易に見破ることができると気づき、AIの活用を考えた。「サービス開始後もデータを蓄積すれば、将来的には人間よりも高い精度で判定できる可能性もある」と話す。

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」を通じて無料で利用できる。アプリの入手は(https://company.kakuseikyu.com/)から。【山寺香】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです