メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省 ゲノム編集食品 規制は遺伝子導入型のみ 届け出怠っても罰則なしの方向

 厚生労働省は5日の薬事・食品衛生審議会の遺伝子組換え食品等調査会に、遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」技術を使った食品について、目的の遺伝子だけを壊す方法を用いた場合は食品衛生法による安全性審査の対象外とする方針を示し、了承された。外来遺伝子を組み入れる方法は遺伝子組み換え食品同様、安全性審査の対象とする。

 パブリックコメントなどを経て、年度内に方針を確定させた後、消費者庁が食品表示のあり方を検討する。

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです