メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

迷路、シメサバ、おばあちゃん画家…楽しみ、考えるアート「ここから3」展

「ここから3」展の会場=東京都港区の国立新美術館で2018年12月5日、岡本同世撮影

 障害の有無や年齢に左右されることなく評価されるアート作品を通じて、多様な人たちが共生できる社会について考える展覧会「ここから3」(文化庁主催)が5日、国立新美術館(東京都港区)で始まった。障害を持つ作家の個性豊かな作品や、70歳を過ぎて初めて絵を描いた「おばあちゃん画家」丸木スマ(1875~1956年)の絵画などが展示されている。9日まで。無料。

 2016年に始まった「ここから」展の一環で、今年3月に続いて3回目。障害のある人の作品を集めた「ここからはじめる」▽年齢を重ねるということについて表現した漫画やアニメを紹介する「ここからおもう」▽視覚に頼らずに周囲の空間を感じ取るアートプロジェクト「ここからひろがる」――の3部で構成されている。

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「性暴力被害者の声をつぶすな」フラワーデモ主催者らオンラインで緊急集会 杉田議員発言に抗議

  2. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  3. プロ野球 DeNA5-2広島 広島・森下、新人王へ足踏み

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 新型コロナ 佐野の30代男性が感染 /栃木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです