メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震、液状化2900カ所超 厚真や札幌など15市町

北海道胆振東部地震の液状化地点

 北海道胆振(いぶり)地方を震源とする9月の地震から6日で3カ月。厚真(あつま)町や札幌市など道内15市町に及ぶ2900地点以上で液状化現象が発生していたとの調査結果を、防災科学技術研究所のチームがまとめた。一帯は揺れやすい地盤が広がっているため、地震の規模に比べて発生地点が多くなった。中でも人工造成地の被害が目立った。

 防災科研の先名(せんな)重樹・主幹研究員らのチームは、国土地理院や測量会社が撮影した地表の航空写真などから、液状化で地下から砂や水が噴き出したとみられる地点を抽出。現地調査も実施し、今月5日までに2933地点を確認した。

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 永和商事ウイング快勝 スクールパートナーは敗退 都市対抗東海2次

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです