メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

国境の街の瀟洒な劇場〜ストラスブール歌劇場(フランス国立ラン歌劇場)

夜空に浮かぶストラスブール歌劇場

 それと知らずに、歴史の現場にいた。

 旅をしていると、そういうことがよくある。

 その場で気付けばいいのだが、街を離れてから思い出すこともしょっちゅうだ。頭の隅でかちゃりと音がする。鍵穴に鍵をさしこんで、ぴたりと合ったときの音。ああ、あの場所は、あの時のあそこだった!

 ごく最近そんな経験をしたのが、ストラスブールだった。

 時は1770年。オーストリア皇女マリー・アントワネットが、フランス国王ルイ16世にお嫁入りした時のエピソードだ。アントワネットは、花嫁行列の途中、国境の街ストラスブールで、フランス人になる儀式を受けることになった。場所は、街に沿って流れるライン川の中州につくられた小屋。ここで彼女は衣装をすべてフランス製のものに替え、「オーストリア皇女マリア」から、「フランス王太子妃マリー」へと変身する。小屋を飾…

この記事は有料記事です。

残り3140文字(全文3500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 新型コロナ ワクチン3.1億回確保 首相表明 2社は実用化遅れ

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 将棋 第79期名人戦A級順位戦 菅井竜也八段-糸谷哲郎八段 第28局の3

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです