メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ゴリラに「ずる」の能力、英実験チームが発見

 12月4日、英ブリストル大学とブリストル動物学会のゴリラ実験プロジェクトで開発されたゲーム装置で、動物園ブリストル・ズー・ガーデンズのゴリラが「ずる」をする行動が確認された。写真は提供によるロイタービデオの映像から(2018年 ロイター)

 [ブリストル(英国) 4日 ロイター] - 英ブリストル大学とブリストル動物学会のゴリラ実験プロジェクトで開発されたゲーム装置で、動物園ブリストル・ズー・ガーデンズのゴリラが「ずる」をする行動が確認された。

     この装置は壁に取り付けられたもので、障害物をクリアして棒で穴をつつくと中のピーナツが動いて装置の下部に落ち、外にこぼれ出る仕掛け。

     ズー・ガーデンズのフェイ・クラーク博士はロイターに、「われわれが本来想定した装置の使い方と異なり、唇をつけてピーナツを吸い取る『ずる』の行動が多数見られる。これは、ゴリラたちがきわめて柔軟で、餌に到達する新しい解決策を見つける能力を持つことを示している。ゴリラたちは、おそらくこれまでに目撃されたことのない、素晴らしい問題解決能力を持っている」と述べた。

     今年に入ってこの装置の原型が導入されると、多数の西ローランドゴリラの間で大人気となり、ピーナツがなくなっても再三ゲームで遊ぶようになった。

     今後は、飼育係がゴリラの心身の状態を把握する助けとなるような進化版の開発に照準を合わせているという。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
    2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
    3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
    4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
    5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです