メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「日本人並み待遇」本当? 入管法改正に突き進む政府

入管法改正に反対し、国会前でプラカードを掲げる人たち=東京・永田町で2018年11月26日、井田純撮影

賃金規定さえなし ブラック労働固定化の恐れ

 外国人労働者の受け入れ拡大を目的とする入管法改正案が成立すると社会はどう変わるのか。日本で長く暮らす外国人や専門家の話を聞くと、期待を抱いて来日した外国人たちへの人権被害の懸念ばかりが膨らむ。【井田純】

 今回の改正案は、経済界からの人手不足解消を求める声に応じた内容といえる。中心となるのは、政府があらかじめ指定した業種で、一定の能力が認められる外国人労働者に対して与えられる「特定技能1号」と「特定技能2号」という2種類の在留資格だ。

 「1号」は滞在期間最長5年で家族の帯同は認められない。「1号」を経て試験に合格し、「2号」に認定されれば、配偶者や子と一緒に暮らすことが可能となり、定期的な審査を条件に永住への道が開かれる--というのが制度の枠組みとなっている。

この記事は有料記事です。

残り2523文字(全文2878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです