メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書の世界

第30回記念一華会展 文字への敬意と鍛錬

 第30回記念一華会展(9日まで、広島・ふくやま美術館ギャラリー・ホール)は、書の幅広い魅力を訴えかけている。

 地域に根ざした書活動が節目の年を迎えた。長年の研さんに拍手を送りたい。

 一華会展は、書の幅・表現の幅を広げていくという目標を掲げ「前衛書」「漢字・かな」「調和体・近代詩文」「一字書」の4部門を毎年移動して出品するように義務付けられているという。書展の仕組みの中に「現代の書」として新しく生まれた分野を重んじつつ一方で古典学習を大切にする精神が組み込まれているようだ。今回、役員による臨書展が併催されているのが、確かな証拠と言えるのではないか。

 とりわけ、大楽華雪さん「爲」<上>。力強さの奥底には気力の充実が感じられる。文字への敬意と長年の鍛…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです