メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

架空請求

AIが判定 埼玉の弁護士らシステム開発

架空請求の疑いがある通知書を解析し、判定結果を表示したアプリ画面=川目武彦弁護士提供(画像の一部を加工しています)

 埼玉弁護士会の川目武彦弁護士(40)らが、人工知能(AI)を使い、架空請求の疑いがあるはがきなどを瞬時に見破る、スマートフォンを利用したシステムを開発した。川目弁護士は「弁護士などに相談するのに抵抗がある人も気軽に利用してほしい」と呼び掛けている。

 身に覚えのない請求書やはがきなどをスマホで写真撮影して無料通信アプリ「LINE(ライン)」で送信すると、過去の詐欺事案で使われた文面などのデータを蓄積したAIが数秒間…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです