メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三浦春馬

秘めた感情、掘り下げて 舞台「罪と罰」主演

舞台「罪と罰」に主演する俳優の三浦春馬さん=大阪市中央区で、梅田麻衣子撮影

 ロシアの文豪、ドストエフスキーの長編小説を原作とした舞台「罪と罰」が来年1、2月、東京と大阪で上演される。主人公の青年ラスコリニコフを、近年舞台でも存在感を増している三浦春馬が演じる。正義のためなら人を殺しても構わないと考えるラスコリニコフの姿を通じて「これまで自分が、考えても、触れてもこなかった感情を探りたい」と意気込む。

 物語の舞台は帝政ロシアの首都、サンクトペテルブルク。ラスコリニコフは強欲な質屋の老婆(ろうば)を殺…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文994文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです