メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
三浦春馬

秘めた感情、掘り下げて 舞台「罪と罰」主演

舞台「罪と罰」に主演する俳優の三浦春馬さん=大阪市中央区で、梅田麻衣子撮影

 ロシアの文豪、ドストエフスキーの長編小説を原作とした舞台「罪と罰」が来年1、2月、東京と大阪で上演される。主人公の青年ラスコリニコフを、近年舞台でも存在感を増している三浦春馬が演じる。正義のためなら人を殺しても構わないと考えるラスコリニコフの姿を通じて「これまで自分が、考えても、触れてもこなかった感情を探りたい」と意気込む。

 物語の舞台は帝政ロシアの首都、サンクトペテルブルク。ラスコリニコフは強欲な質屋の老婆(ろうば)を殺…

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文994文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです