メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

五番立、ハイライト上演 LEDで自然光の移ろい表現 大阪

能楽シテ方観世流の山本章弘(左)と照明デザイナーの藤本隆行=畑律江撮影

 日の出から日没まで、5演目を上演する「五番立」が正式だったと言われる江戸時代の能を、2時間足らずで味わうユニークな公演「神(しん)・男(なん)・女(にょ)・狂(きょう)・鬼(き)」が、16日午後2時から、大阪市中央区の山本能楽堂で行われる。

 山本能楽堂は、1670万色の色彩が表現できるLED照明を導入している。この企画では、元来は野外の舞台で行われていた能の1日の公演を、LED照明の力で表現する。照明デザインは、LED照明デザイナ…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

  5. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです