メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわて人模様

全国優良警察職員表彰の警部補 浅沼雅人さん(54) /岩手

 「贈収賄などの『被害者なき犯罪』といわれる事件は、隠れたところで不正が行われている」。自分たちが不正をたださなければならないとの使命感を胸に、盛岡東署刑事2課知能犯係長として目を光らせる。警察官人生35年。これまでの功績を評価され、10月に全国優良警察職員表彰(警察庁長官賞詞)を受けた。

 中学、高校と柔道部で活躍し、「将来は柔道を生かせる仕事に就きたい」と考えていた。警察官を志望するきっかけは高3の時、進路を相談した柔道部顧問の「警察官の道もあるよ」というアドバイス。競争率8倍だった県警の採用試験に合格し、1983年、警察官としての歩みを始めた。

 最初に配属された花巻署の勤務当時には、自動販売機を狙った窃盗被害が1年以上にわたり約10件起きてい…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. サッカー、アギーレ元監督に無罪 八百長疑惑で日本代表監督解任

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです