メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

横浜 ショコラボ ふぞろいのあたたかみ 障がい者、一つずつ手作り /東京

 赤いイチゴ、黄色いマンゴー、抹茶、ナッツ……。色とりどりのチョコレートが並ぶ。2012年にチョコ専門工房としてオープンした「ショコラボ」(横浜市都筑区)は障がい者の自立支援施設である。10~50代の約30人のスタッフが手作業で一つずつチョコを製造し、評判もいいと聞く。7年目に入った工房を訪れた。【大迫麻記子】

 チョコには「一つ一つ違っていい、みんな違っていい」という工房の願いも込められている。工房設立者の伊…

この記事は有料記事です。

残り1115文字(全文1321文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです