メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

横浜 ショコラボ ふぞろいのあたたかみ 障がい者、一つずつ手作り /東京

 赤いイチゴ、黄色いマンゴー、抹茶、ナッツ……。色とりどりのチョコレートが並ぶ。2012年にチョコ専門工房としてオープンした「ショコラボ」(横浜市都筑区)は障がい者の自立支援施設である。10~50代の約30人のスタッフが手作業で一つずつチョコを製造し、評判もいいと聞く。7年目に入った工房を訪れた。【大迫麻記子】

 チョコには「一つ一つ違っていい、みんな違っていい」という工房の願いも込められている。工房設立者の伊…

この記事は有料記事です。

残り1115文字(全文1321文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです