メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

「東北エイド」活動に区切り 7年半被災地を支援 /富山

 2011年の東日本大震災直後から60回にわたって被災地を訪れ支援活動を続けてきた富山市のボランティア団体「東北エイド」(川渕映子代表)が、震災から7年半経過したのを機に、活動に一区切りつけることになった。11月17日には「復興の記録」写真展を宮城県水産高校(宮城県石巻市)体育館で開き、被災者と最後の交流をした。【青山郁子】

 東北エイドは、震災の1週間後、バスをチャーターし、パン1000個と毛布などを同市へ運んだのをきっか…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです