メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出前授業

能登麦屋節を次世代へ 保存会メンバー、小学校で 輪島 /石川

地元の小学校に足を運び、児童らと能登麦屋節を歌う能登麦屋節保存会の井上孝雄さん(左)=石川県輪島市門前町清水の市立門前東小で、石川将来撮影

 輪島市門前地区に伝わる民謡「能登麦屋節」(県無形民俗文化財)を子供たちに継承する取り組みを、市と地元の市民団体「能登麦屋節保存会」が続けている。歌い手や踊り手の高齢化などに危機感を抱いたためで、保存会の井上孝雄会長(69)は「後継者を育て、地元に残る貴重な文化を守りたい」と願いを込める。

 同市などによると、能登麦屋節は市内で生産が盛んだった輪島素麺(そうめん)を作る際、原料の小麦粉をひく作業中に歌われた。起源は室町時代末までさかのぼり、越中五箇山に伝わる麦屋節のルーツともされる。保存会メンバーが運動会など地元の行事で披露し歌い継いでいる。

 一方で、近年は後継者不足に悩む。井上会長によると、メンバー23人の大半が60、70代。「父親が歌う…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです