メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命の授業

助産師が語る命の尊さ 竜王の斉藤さん21年 1000人以上出産立ち会い、言葉に重み /滋賀

赤ちゃんの模型を前に、命の大切さを少女たちに語りかける斉藤智孝さん=滋賀県野洲市小篠原の「コミュニティセンターやす」で、小西雄介撮影

 県内の小中学校などで「命の授業」を21年間、続けている助産師がいる。竜王町で「さいとう助産院」を運営する斉藤智孝(ちたか)さん(55)だ。「母親はみんな命がけで産み、子は生きたいと思って生まれてきた」。1000人以上の出産の現場に立ち会った斉藤さんの言葉には、子どもたちの心に響く重みがある。【小西雄介】

 「この世に生まれてくることは奇跡。みんな、かけがえのない存在なんや」。11月18日、野洲市小篠原の…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文973文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです