観光列車

竹田城跡号、京都に“出張” 朝来市PR、銀山ボーイズも一役 22日から、鉄道博物館で展示 /兵庫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都鉄道博物館で特別展示される「天空の城 竹田城跡号」=JR西日本福知山支社提供
京都鉄道博物館で特別展示される「天空の城 竹田城跡号」=JR西日本福知山支社提供

 但馬地方を主に運行しているJR西日本の観光列車「天空の城 竹田城跡号」が京都鉄道博物館(京都市下京区)で22~25日、特別展示される。朝来市やJR西日本福知山支社などがタイアップした企画で、期間中は同市の史跡・生野銀山をPRする鉱山労働者姿のマネキン人形「銀山ボーイズ」が同博物館に“出張”し、市のPRに一役買う。【松田学】

 2016年4月にオープンした同博物館は、JRの営業線と引き込み線でつながっていて、現役車両が随時展示されている。今回は、竹田城跡(朝来市)の風景が車体にラッピングされ「天空の城 竹田城跡号」として運行されているキハ40系1両で、車内公開もある。「竹田城跡号」の周辺では、市職員らが観光パンフレットを配り、特産の岩津ネギなどを販売して市をPRする。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文536文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集