メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

鳥取 城下町米子の小路 鳥取県米子市 歴史と暮らし凝縮 /中国

(左上から時計回りに)一部が米子城の外堀になっていた加茂川沿いの街並み=鳥取県米子市尾高町で、妙善寺の山門に通じる妙善寺小路=鳥取県米子市立町1で、展示や寄席、体験講座などイベント会場としても使われる米子まちなか観光案内所=鳥取県米子市灘町1で、いずれも横井信洋撮影

 鳥取県米子市の中海を背にした湊山に残る国史跡・米子城跡。戦国時代末期から江戸時代にかけて城下の町割りが完成し、生活道路でもある「小路」には、商人や寺院などの名が付けられ、当時も今も「しょうじ」と呼ばれる。長く親しまれてきた小路には米子の歴史と暮らしが根付いている。民間団体による「米子まちなか観光案内所」の川越博行さん(63)と小路を巡るまち歩きをした。【横井信洋】

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです