メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノロウイルス

食中毒注意報発令 県、手洗い励行や調理時の加熱呼び掛け /大分

 県は5日、ノロウイルスを原因とする食中毒が増加していることを受け、「ノロウイルス食中毒注意報」を発令した。来年3月31日まで継続する。

 食中毒は年間件数の約3割が冬場に発生し、そのうち6割はノロウイルスというウイルスが原因だとされる。食品の鮮度に関係なく、人から人にも感染するといい、感染力が非常に高いため、注意が必要だ。

 県によると、調査対象の各医療機関が報告した、ノロウイルスが原因とみられる感染性胃腸炎の平均患者数は…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文410文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです