国民投票法改正案

通常国会に先送り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民、公明両党は5日、先の通常国会から積み残しとなっている国民投票法改正案の成立を来年の通常国会に先送りすることを決めた。先月29日に与党が衆院憲法審査会の開催を強行したことに立憲など野党6党派が強く反発しており、与党は6日の憲法審開催を見送る。自民党は自衛隊の存在明記など4項目の党改憲条文案の今国会提示も既に断念しており、通常国会での提示を改めて目指す。

 衆院憲法審の与党筆頭幹事を務める新藤義孝氏(自民党)は5日、野党筆頭幹事の山花郁夫氏(立憲民主党)と国会内で会談した。先月29日の開催強行に反発する山花氏は「6日開催は見送るべきだ」と要請。新藤氏は陳謝し「(要請を)重く受け止める」と応じた。その後、与党は幹事懇談会で、今国会会期内で最後の定例日となる6日の憲法審開催を断念することを決めた。

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文670文字)

あわせて読みたい

注目の特集