メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

COP24

’18ポーランド 温暖化対応に温度差

主な国・地域の長期戦略

 ポーランド南部のカトウィツェで2日に開幕した国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)。2020年以降の地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」のルールブック(実施指針)作りが交渉の焦点だが、協定の下での温暖化対策の取り組み開始を約1年後に控え、参加国の国内対策や多国間協調への姿勢に温度差が目立ち始めている。日本も50年までの削減戦略がまだ決まらず、他の先進国に後れを取っているのが実情だ。【カトウィツェ五十嵐和大、ブリュッセル八田浩輔、大場あい】

この記事は有料記事です。

残り2369文字(全文2602文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. 津のGSで灯油にガソリン混入 消防が注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです