メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

就労外国人 日本社会がどう受け入れるか=論説副委員長・人羅格

衆院法務委員会の審議はわずか17時間だった。野党議員らが抗議する中、入管法改正案が可決され、発言する山下貴司法相(右端)=国会内で11月27日、手塚耕一郎撮影

毎日 就労資格の一本化を提言/各紙 法案の省令委任を批判

 外国人労働者の受け入れを拡大する、入管法改正案の国会審議が大詰めを迎えている。

 「特定技能」という新たな就労資格を設け、建設、農業、介護など単純労働と呼ばれる分野で受け入れ拡大を図る法案だ。

 人口減少が進み、産業界の人手不足が深刻化している。

 外国人労働者をこれからどう位置づけていくかは国や社会のあり方に関わる。重いテーマに正面から向き合うことを政治もメディアも初めて迫られた。

 毎日新聞はこの法案に関し、「就労外国人」の共通タイトルで4日まで計16回にわたり社説を掲載した。先…

この記事は有料記事です。

残り2145文字(全文2414文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです