メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

就労外国人 日本社会がどう受け入れるか=論説副委員長・人羅格

衆院法務委員会の審議はわずか17時間だった。野党議員らが抗議する中、入管法改正案が可決され、発言する山下貴司法相(右端)=国会内で11月27日、手塚耕一郎撮影

 外国人労働者の受け入れを拡大する、入管法改正案の国会審議が大詰めを迎えている。

 「特定技能」という新たな就労資格を設け、建設、農業、介護など単純労働と呼ばれる分野で受け入れ拡大を図る法案だ。

 人口減少が進み、産業界の人手不足が深刻化している。

 外国人労働者をこれからどう位置づけていくかは国や社会のあり方に関わる。重いテーマに正面から向き合うことを政治もメディアも初めて迫られた。

 毎日新聞はこの法案に関し、「就労外国人」の共通タイトルで4日まで計16回にわたり社説を掲載した。先月2日、法案の閣議決定に際して「ごまかしから卒業しよう」との見出しで基本的な立場を示したのがスタートだった。

この記事は有料記事です。

残り2119文字(全文2414文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休園?一部受け入れ?それとも原則開園? 緊急事態宣言、保育園「どうしたら…」

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  4. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  5. 「緊急事態宣言」8日午前0時効力発生へ 首相、記者会見で説明へ 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです