メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説を読み解く

就労外国人 日本社会がどう受け入れるか=論説副委員長・人羅格

衆院法務委員会の審議はわずか17時間だった。野党議員らが抗議する中、入管法改正案が可決され、発言する山下貴司法相(右端)=国会内で11月27日、手塚耕一郎撮影

毎日 就労資格の一本化を提言/各紙 法案の省令委任を批判

 外国人労働者の受け入れを拡大する、入管法改正案の国会審議が大詰めを迎えている。

 「特定技能」という新たな就労資格を設け、建設、農業、介護など単純労働と呼ばれる分野で受け入れ拡大を図る法案だ。

 人口減少が進み、産業界の人手不足が深刻化している。

 外国人労働者をこれからどう位置づけていくかは国や社会のあり方に関わる。重いテーマに正面から向き合うことを政治もメディアも初めて迫られた。

 毎日新聞はこの法案に関し、「就労外国人」の共通タイトルで4日まで計16回にわたり社説を掲載した。先…

この記事は有料記事です。

残り2145文字(全文2414文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです