メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

本末転倒の「大学改革」を問う=勝木元也・総合研究大学院大名誉教授

 ノーベル医学生理学賞受賞が決まった本庶佑博士は「好奇心から生まれる基礎研究がなければ、がん治療の概念を変えるオプジーボの開発はあり得なかった」という。基礎研究の現場である大学が若手ポストと基盤経費不足に陥っているとも指摘した。特に若い研究者が抱いている危機感の代弁である。それでも大学に変化の兆しが見えないのはなぜか。

 理由は、法人化後に起きた大学の構造的な変質にある。

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1254文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 「拘置所でXmas」再逮捕ゴーン前会長の勾留状況に仏メディア批判的
  5. NASAの探査機が太陽圏外に 1977年に打ち上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです