メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

序章 消えぬ祖国・東独/3 統一の日程、一気に加速

歓迎の意を表すドレスデン市民らに手を上げて応えるコール西独首相(中央)=1989年12月19日、AP

 旧東ドイツ地域にあるドレスデン市の象徴・聖母教会は第二次大戦時、連合国軍の空襲で大破した。がれきのまま放置された教会は市民に大戦の被害者という歴史観を植え付けた。

 1989年12月19日、コール西独首相はこの教会の前で演説した。「東独の人を決して見捨てない」「私の目標は統一だ」「ドイツという家は欧州という屋根の下に建設される」。西独情報にあまり触れていないため、コール氏に好意を示すと思われていなかったドレスデンの人々だったが、近代に形成された「統一国家ドイツ」を象徴するとともに、西独の国旗でもある旗を振り、熱狂した。統一は民族の「夢」から政治課題へと変わった。

 「偉大なプファルツ人」。人々はコール氏をこうたたえる。ドイツ西部ラインラント・プファルツ州に生まれ、大柄な体格にふさわしい食欲で、地元産白ワインと豚の胃袋にひき肉を詰めて煮た郷土料理「ザウマーゲン」をこよなく愛した。同盟国だけでなくソ連首脳も地元に招き、郷土の美味を振る舞い、体制の枠を超えた信頼関係を築いた。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです