配車アプリ

競争激化 後発DeNA「0円タクシー」 専門家「異業種連携の加速必至」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「0円タクシー」を紹介するDeNAの中島宏オートモーティブ事業本部長(左)=東京都目黒区で2018年12月5日、今村茜撮影
「0円タクシー」を紹介するDeNAの中島宏オートモーティブ事業本部長(左)=東京都目黒区で2018年12月5日、今村茜撮影

 IT大手のディー・エヌ・エー(DeNA)は5日、車両にラッピング広告を施し乗客の利用料金を無料にする「0円タクシー」の配車サービスを東京都内で開始した。31日までの期間限定で50台を走行させる。スマートフォンの専用アプリを使ってタクシーを呼ぶ「タクシー配車アプリ」で新たな需要を掘り起こす。【今村茜】

 この日東京都内で開かれた記者会見で、DeNAの中島宏オートモーティブ事業本部長は「今までのタクシーは事業者と乗客を結びつける2者のマッチング。企業を加えた3者を結びつけるビジネスモデルの革新で新しい移動体験を提供する」と意気込んだ。広告主とDeNAが運賃や人件費を含めた定額料金を負担、車体のラッピングや車内に設置されたタブレット端末でのCM視聴で商品をPRする。タクシー事業者には歩合制ではなく定…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1209文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集