米国債

長短金利が逆転 2年債と5年債 「景気後退」予兆か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米国10年債と2年債の金利差
米国10年債と2年債の金利差

 米国債市場で、償還(返済)までの期間が長い国債の利回りが、短い国債の利回りを下回る「長短金利逆転(逆イールド)」と呼ばれる現象が起きた。長短金利の接近や逆転は景気後退の予兆とされるため、投資家の不安心理を呼び、株式市場の不安定化につながっている。【土屋渓、ワシントン中井正裕】

10年債も接近

 ニューヨーク債券市場では3日、2年物国債と5年物国債の利回りが11年半ぶりに逆転した。4日には、長期金利の代表的指標である米10年物国債利回りと2年物国債利回りとの金利差も、2007年以来となる0・09%まで接近。ニューヨーク株式市場で先行き警戒感が広がり、ダウ工業株30種平均が800ドル近くも急落した。

 通常は償還期間が長いほど高くなる金利の逆転現象が起きる背景には、景気の先行き警戒感の高まりがある。米国の足元の景気は過熱状態にあり、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを続けているため、利上げの影響を受けやすい2年物利回りは高止まりしている。一方、米中貿易摩擦などから将来の景気悪化懸念は強まり、10年物利回りはこの1カ月で急低下。金利差は急速に縮まっていた。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文1004文字)

あわせて読みたい

ニュース特集