メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

対中圧力を再開 トランプ氏、反応鈍くいらだち

 【ワシントン中井正裕、高本耕太】トランプ米政権が、米中首脳会談での「一時休戦」合意による新たな米中通商協議に向けて対中圧力を再開した。トランプ大統領は4日、ツイッターに「私はタリフマン(関税の男)だ」と投稿し、協議が不調に終わった場合は「大規模な関税をかける」と明言。首脳会談後の中国政府の反応の鈍さにいらだちをみせている。

 トランプ氏は4日午前の投稿で、協議の責任者となる米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が「中…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文491文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです