米国

対中圧力を再開 トランプ氏、反応鈍くいらだち

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン中井正裕、高本耕太】トランプ米政権が、米中首脳会談での「一時休戦」合意による新たな米中通商協議に向けて対中圧力を再開した。トランプ大統領は4日、ツイッターに「私はタリフマン(関税の男)だ」と投稿し、協議が不調に終わった場合は「大規模な関税をかける」と明言。首脳会談後の中国政府の反応の鈍さにいらだちをみせている。

 トランプ氏は4日午前の投稿で、協議の責任者となる米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が「中国と本当の合意が可能かどうか見極める」と指摘し、合意できない場合は、関税引き上げで税収を増やし「米国を再び裕福にする」と主張。同日夜には「大規模な関税を課す」と表現を強めた。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文491文字)

あわせて読みたい

注目の特集