メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大船渡の163キロ右腕・佐々木はロッテが交渉権 最多4球団が競合
号外星稜・奥川はヤクルトが交渉権 3球団が競合
使用済み核燃料

乾式貯蔵、統一基準案 耐震性など了承 規制委

 原子力規制委員会は5日、原発の使用済み核燃料を空気で冷やして保管する「乾式貯蔵」用の金属製容器(キャスク)について、新たに設定される強度や耐震性の基準案を了承した。各原発で乾式貯蔵をする場合、今は個別の審査が必要だが、統一基準になれば審査の省略が可能になる。

 2011年3月の東京電力福島第1原発事故では、一部の使用済み燃料を乾式貯蔵していたキャスクも津波に襲われたが、健全性に大きな問題は出なかった。このため規制委は基準策定…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです