メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

天野春果さん=東京五輪を盛り上げるアイデアマン

東京五輪・パラリンピック組織委員会エンゲージメント企画部長の天野春果さん=東京都港区で2018年11月5日、和田大典撮影

天野春果(あまの・はるか)さん(47)

 東京五輪・パラリンピックを盛り上げる仕掛け人だ。大会組織委員会のエンゲージメント企画部長に就いて約1年半。スポーツの魅力を感じながら算数を学ぶ教材「東京2020算数ドリル」を考案するなどユニークな企画を連発している。

 ドリルは上巻が五輪、下巻はパラリンピックをテーマに、卓球のラケットの面積や、コートを疾走する車いすラグビーの選手の速度などを出題する。東京都渋谷区で小学6年の副教材として採用されたほか、五輪メダリストがドリルを手に小学校を訪れ、選手との交流にも一役買っている。

 スポーツマネジメントを学んだ米ワシントン州立大留学中の1996年、アトランタ五輪のボランティアとし…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです