在日米軍再編

辺野古移設 岩礁破砕、沖縄県の控訴棄却 適法性示さず 高裁支部

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画を巡り、知事の許可なく岩礁を破砕する行為は違法として、沖縄県が国を相手取って移設工事の差し止めを求めた訴訟の控訴審判決が5日、福岡高裁那覇支部であった。大久保正道裁判長は、県側の訴えを却下した3月の那覇地裁判決を支持し、県の控訴を棄却…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

あわせて読みたい

注目の特集