メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゲノム編集食品

遺伝子破壊、規制外 国方針

 厚生労働省は5日の薬事・食品衛生審議会の遺伝子組換え食品等調査会に、遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」技術を使った食品について、目的の遺伝子だけを壊す方法を用いた場合は食品衛生法による安全性審査の対象外とする方針を示し、了承された。外来遺伝子を組み入れる方法は遺伝子組み換え食品同様、安全性審査の対象とする。

 パブリックコメントなどを経て、年度内に方針を確定させた後、消費者庁が食品表示のあり方を検討する。

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1196文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. 重由美子さん死去 53歳 五輪ヨット女子470級で日本初メダル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです