メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

3カ月 仮設巡回、冬孤立防ぐ 「なお支援必要」3割 厚真

 最大震度7を記録した北海道胆振東部地震から6日で3カ月になる。36人が亡くなり多くの住家が損壊した厚真町では、これまでの調査で応急仮設住宅で暮らす3人に1人が「継続支援が必要」と判断され、住民が体調を崩したり孤立化したりしないよう巡回相談が続く。

 前日までの暖かさから冬らしい寒さが徐々に戻ってきた5日昼、同町表町の仮設団地に3人で暮らす高橋紀之さん(78)方を、町社会福祉協議会の生活支援相談員の横山則子さん(60)とケアマネジャーの中井佳子さん(48)が訪ねた。

 「防災無線は聞こえますか」との問いに高橋さんが「元の家から持ってきていないよ」と答えると、横山さん…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文716文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  3. ORICON NEWS 西島秀俊主演『空母いぶき』 映画オリジナルキャラに本田翼、中井貴一ら10人
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. F35戦闘機とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです