メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

「ちょこっと掃除」が2019年開運のカギ! 玄関,バス,トイレの大掃除にも役立つ「おそうじ風水」(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

2018年もあと少し。今年はどんな一年だったでしょうか?「人間関係に悩まされた」「出費がかさんだ」「体調を崩すことが多かった」「仕事で大きなミスをしてしまった」など、トラブルに悩まされたという人もいるでしょう。物事がうまくいかない背景には、住環境に要因が潜んでいるのかもしれません。そこで、大掃除を控えたこの時期にぴったりの「おそうじ風水」を紹介します。

 

 

風水とは統計学や環境学に類する理論的な知恵。これを取り入れることで、目に見えない自然エネルギーである「気」の流れをスムーズにすることができます。悪い気の発生と停滞を防ぎ、良い気をたくさん取り込む、インテリアのクリーンアップ術をマスターして、新しい年を気持ち良く迎えましょう。

 

2019年はちょっとした掃除や片付けが幸運を招く

「おそうじ風水」を教えてくれるのは、開運セラピストの紫月香帆(しづきかほ)先生です。風水関連の著書は30冊近くに上り、テレビなどメディアではお笑い芸人との共演で笑いを誘う気さくな人柄ながら、風水界のカリスマ的存在。誰でもすぐに実践できるような、インテリアを整え運気を上げる秘訣を、わかりやすくアドバイスしてくれることに定評があります。

 

紫月先生によると、2019年は「小さな変化」が幸運を招くポイントになるとか。部屋の掃除や片付けならば、一気にやるのではなく日常的に少しずつ。「毎日、玄関の掃き掃除をする」「トイレの汚れを見つけたら、その場で拭き掃除をする」など、こまめな“ちょこっと掃除”が運気アップにつながるのです。

 

風水は継続することが大事

風水は取り入れたらすぐに効果が出る特効薬というよりも、漢方薬やサプリメントのような存在です。「風水は継続することで、その恩恵を受けられます。風水を意識したお掃除で、『とにかく気持ちがいい!』『なにかいいことが起きそう!』と思えたらしめたもの。くれぐれも、無理のないペースで続けるようにしてください。2019年は “ちょこっと掃除”を取り入れると、ちょこちょこと幸運が舞い込んできますよ」(紫月先生、以下同)

 

では、具体的にどこをどのように整え、開運を呼び込めばいいのでしょうか? 前回は、過ごす時間の長いベッドルーム、火を扱うキッチン、マイナスエネルギーが発生しやすいトイレの3か所にフォーカス。今回は、家の入り口である玄関と、家の出口のひとつであるバスルーム、そして再びトイレを取り上げます。

 

【玄関】スッキリ明るい玄関をキープ

20181128_fusuisouji_001

「人が出入りする玄関は『家の顔』とも言われる場所で、気のメインゲートでもあります。玄関を整えると、良い気がどんどん入ってくるようになり、すべての運気が上昇します。良い気が好むのは、明るくスッキリとした玄関。日の当たらない暗い玄関の場合は、火を点さなくても火のエネルギーを放つキャンドルを飾ると、明るさを補えます。鏡は良い気を引き寄せる最強アイテムなので、ぜひ、玄関に置いてください。

 

一方、家の顔だからといって、ウェルカムボードや家族写真、オブジェなどであれこれと飾り付けるのはNG。ごちゃごちゃしていると、外からの新しい気が入りづらくなり、ものごとが滞りやすくなるのです。基本的に、玄関にはあまりものを置かないのが好ましいのですが、良い気を生み出す生花や、良い気を引き寄せる招き猫、干支の置物はおすすめ。活性化を促す赤があると、気の流れをスムーズにします。逆に、停滞を意味する黒ベースのモノトーンは、気の流れが滞ってしまうので避けてください。ゴルフバッグやスノーボードなど、レジャー用品は置かないほうがベター。遊びを好む気が集まりやすくなり、仕事運が下がってしまいます。レジャー用品を置く場合は、上から白い布をかけて目立たないようにしたり、収納棚に整頓して入れたりしましょう」

 

【玄関の“ちょこっと掃除”ポイント】
・三和土(たたき)に溜まる砂ぼこりはこまめに掃く
・三和土に置く靴は1人1足まで
・ゴミや宅配荷物などを置きっぱなしにしない

 

2019年は「玄関マット」が幸運のカギ!

「2019年は九星気学でいうと『己亥八白土星(つちのといはっぱくどせい)』の年であり、“土”が開運のポイントになります。植物ならば鉢植えのもの、色ならばブラウン系、体の部位でいうと足元を整えると、運気が上がりやすくなりますよ。玄関に植物を飾る場合は、鉢植えのものを選びましょう。

20181128_fusuisouji_002

 

靴を脱いでから最初に足が触れる玄関マットは、とても大切なアイテムになります。玄関マットは花柄や勾玉模様のあるペイズリー柄がおすすめ。赤色が入ると、厄除けの効果が高まります。玄関マットの上は掃除機を念入りにかけ、こまめな日干しで太陽のエネルギーをたくさん吸収させてくださいね」

 

【バスルーム】排水口は毎日チェック!

20181128_fusuisouji_003

悪い気が溜まるのは、“不快だと感じる場所”と覚えてください。みなさんが汚くて近寄りたくない、触りたくないと思う場所は『悪い気』でいっぱいです。気の出口である、バスルームやキッチンの排水口、換気扇がヌメリや汚れで詰まっていると悪い気が発生し、家の中に溜まってしまいます。

 

とはいえ、すべての場所を常に美しく保つのは大変ですよね。まずは、バスルームの排水口から、“ちょこっと掃除”を始めましょう。バスルームは体についた汚れや悪い気を洗い流す、浄化の場所です。しかし、排水口にヌメリや悪臭が発生している状態で入浴をすると、バスルームに充満している悪い気を浴びてしまい、体の浄化ができずに健康運ダウンにつながるのです。

 

バスルームは明るく清潔感のあるアイボリーをベースにすると、悪い気が溜まりづらくなります。ボディタオルやバスマットなどのバスアイテムには、上げたい運気に合わせたカラーを取り入れましょう。金運を上げたい場合は黄色系、家庭運や愛情運を上げたいときはピンクやオレンジ系、サーモンピンクがおすすめです。仕事運を上げたいときはベージュや茶色が、運気アップにつながります」

 

【バスルームの“ちょこっと掃除”ポイント】
・入浴後は、排水口に溜まった髪の毛を取り除く
・月に2回、排水口に重曹1カップと酢スプレーを振りかけて、ヌメリを落とす
・湿気がこもってカビが発生しないように、毎日しっかりと換気する

 

入浴後は“足元の快適さ”が幸運のカギ!

「2019年は『土』が開運ポイントのため、足元を整えることが大切です。特に、足の裏は気を吸い込みやすいので、不快さを感じないようなケアを心がけましょう。

20181128_fusuisouji_004

 

バスマットは毎日乾かし、こまめな洗濯で清潔な状態をキープしてください。入浴後に足をバスマットに置いたときに、気持ち良いと感じられれば、良い気を吸収していますよ。2019年は土を連想させるブラウン系のバスマットが、健康運を上げてくれます。足元を冷やすのは運気ダウンにつながるので、寒い時期は、脱衣所にヒーターを用意できるといいですね。入浴後に暖かい靴下を履いたり、防寒効果の高いスリッパを履いたりして足元が冷えないようにしてください」

 

【トイレ】「2019年は勝負の年!」ならトイレ掃除を徹底的に!

20181128_fusuisouji_005

トイレは体の中にある不要なものを出す場所で、家の中では最も悪い気が溜まりやすい空間です。汚れや悪臭を放っておけば、悪い気はどんどん増えていきます。つまり、トイレをきれいに保つことで、悪い気の発生を劇的に減らすことができるのです。

 

『仕事で大きくステップアップしたい』『良縁に恵まれ、結婚したい』など、ご自身の中で大きな勝負を考えているのであれば、トイレ掃除に力を注ぎましょう! トイレの“ちょこっと掃除”に加え、月に1度は白い布(タオル)で、すみずみまで徹底的に拭きそうじをするのがおすすめです。

 

また、備長炭を奇数個、カゴに入れて置くと悪臭を除去できます。なぜ“奇数”なのかというと、居心地が悪いから。偶数は安定感があるので、悪臭が居座りやすくなってしまうんですよ。

 

タオルやマットなどのトイレグッズのカラーは、明るく清潔感を感じられるようなアイボリー系がおすすめです。黒は停滞につながるので避けてください」

 

【トイレの“ちょこっと掃除”ポイント】
・便器に汚れが溜まらないように気づいたときに磨く
・換気扇はこまめに回し、悪臭がこもらないようにする
・悪臭を吸い取る備長炭を奇数個置く

 

仕事運が絶好調の紫月先生もトイレの“ちょこっと掃除”を実践!

「昔から『トイレ掃除をすると出世する』といいますが、これは本当にその通り。トイレの神様はいますよ。私は正直、家事の中で掃除が一番苦手です(苦笑)。でも、トイレの“ちょこっと掃除”だけは欠かしません。そして毎月1日をトイレ掃除の日と決め、1時間くらいかけて徹底的に取り組んでいます。壁や便器まわりを布で拭きながら、『先月は○○をサボってしまい、すみませんでした』とか『今月は○○をがんばるので応援してください』などと、トイレの神様に話しかけると、掃除に力がこもりますね。

 

そうしてトイレがピカピカになると、すごく気持ちが晴れ晴れします。これが、本当に気持ちいい!『なにかいいことが起きそう』と思えるし、仕事へのモチベーションがアップします」

 

風水といえば、インテリアの方位方角を整えたり、ラッキーカラーを取り入れたりするイメージが強いかもしれません。もちろん、それらも大切な要素ですが、住環境の清潔さもおろそかにできません。2019年は、“ちょこっと掃除”でハッピーライフを手に入れましょう!

 

紫月香帆  Kaho Shizuki

幼い頃より、占いや風水に親しんで育ち、高校在学中から芸能活動をスタート。独学で九星気学を学び、その後師事して本格的に手相を習得。手相、人相から風水、四柱推命タロット、姓名診断と、豊富な知識を駆使した占術は、的中率の高さとわかりすいアドバイスに定評がある。さらに、四柱推命と風水をベースに研究を重ねた独自の「宿命カラー風水」、「十干風水」を確立。開運セラピストとして雑誌やテレビ、携帯コンテンツなど各方面で活躍中。33万部を超えるベストセラーとなった『やってはいけない風水』(河出書房新社)のほか、最近では2018年10月に新刊『間取りとインテリアのHAPPY風水 増補改訂版』(エクスナレッジ)、『幸運を呼び込む すごい!! おそうじ風水』(神宮館)を出版するなど、多数の著書がある。http://pc.uranai.jp/shizuki/

 

GetNavi webがプロデュースするライフスタイルウェブメディア「@Living」(アットリビング)

at-living_logo_wada

【関連記事】
花火師は冬場何をしている? 「冬」ならではの花火のうんちく
「消費税増税」にどう対応する? 税理士に聞いた賢い消費術
貯金は本当に無意味? 20代から身に付けたい税理士流「貯金術」
2020年までにマスターせよ!「クールジャパン」を伝えるおもてなし英会話10
先代から受け継いだ店の味は変えるべきか?ーー里崎智也の「下克上人生相談」

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです