メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管法改正 なりふりかまわず急ぐ政府・与党 政策大転換の説明責任はどこへ

 入管法改正案を巡る国会論戦は、外国人労働者の受け入れを拡大する新たな仕組みの詳細な答弁を求める野党と、なりふりかまわず法改正を急ぐ政府・与党の間で、最終盤までかみ合わなかった。「改正法施行前に制度の全容を示す」(安倍晋三首相)と約束した政府は、改正案の成立後も引き続き説明責任を問われる。

 報道各社の世論調査によると、入管法改正案の今国会成立が支持されているとは言えない。慎重な世論を意識した公明党の伊藤孝江氏は6日の参院法務委員会で「入国管理政策の大きな転換だが、社会への影響は必ずしも明確でなく、国民の不安につながっている」と首相の見解をただした。

 首相は「受け入れ・共生のための総合的対応策として、労働条件や労働環境、日本語教育の充実など各種取り…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文849文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです