メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管法改正 なりふりかまわず急ぐ政府・与党 政策大転換の説明責任はどこへ

 入管法改正案を巡る国会論戦は、外国人労働者の受け入れを拡大する新たな仕組みの詳細な答弁を求める野党と、なりふりかまわず法改正を急ぐ政府・与党の間で、最終盤までかみ合わなかった。「改正法施行前に制度の全容を示す」(安倍晋三首相)と約束した政府は、改正案の成立後も引き続き説明責任を問われる。

 報道各社の世論調査によると、入管法改正案の今国会成立が支持されているとは言えない。慎重な世論を意識した公明党の伊藤孝江氏は6日の参院法務委員会で「入国管理政策の大きな転換だが、社会への影響は必ずしも明確でなく、国民の不安につながっている」と首相の見解をただした。

 首相は「受け入れ・共生のための総合的対応策として、労働条件や労働環境、日本語教育の充実など各種取り…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕
  3. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  4. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです