日産、完成車検査で新たな不正判明 昨秋以降4度目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日産自動車が新車出荷前に行う完成車検査で、新たな不正事案が見つかったことが6日明らかになった。日産で検査不正事案が見つかるのは昨年秋以降4度目で、改めて法令順守意識の低さが浮き彫りになった形だ。

 新たな不正は全ての完成車両を対象にした全数検査で見つかったとみられる。従来の燃費データなどに加え、ブレーキ検査など他項目に不正が広がる可能性がある。日産は国土交通省と新たな不正事案について確認を進めており、月内にも詳しい内容を…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

あわせて読みたい

注目の特集