メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証終値417円安 米中対立の深刻化懸念

 6日の東京株式市場は、米中両国の対立が深刻化する懸念が強まり、全面安の展開となった。日経平均株価は一時、前日終値比600円超安となり、同比417円71銭安(1.91%減)の2万1501円62銭で取引を終えた。アジアや欧州など海外の主要市場でも軒並み株価が下落した。

 カナダ司法当局が5日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の最高財務責任者の拘束を発表したことから、米中対立の激化が意識され、中国向けの需要が大きい半導体や電機などの銘柄が大きく…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです