メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「一帯一路」支持取り付け、米けん制 習氏が4カ国歴訪

 【北京・浦松丈二、河津啓介】中国の習近平国家主席が6日、スペイン、アルゼンチン、パナマ、ポルトガルの欧州・ラテンアメリカ4カ国歴訪を終え、帰国した。習氏は各国首脳との会談で、自ら提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」への支持を取り付け、保護主義に傾く米国をけん制した。

 習氏はアルゼンチンで11月30日と12月1日に開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席。会議は今年、米国の反対で昨年の宣言にある「保護主義と闘う」との文言を削除し、何とか採択にこぎつけた。

 習氏は30日の演説で「(G20は)誰かの一存で決めてはならない」と米側にクギを刺したが、これまで訴…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです